今年のわかめの収穫は無事終了

本日はものすごい春の嵐、植木鉢やらコンテナやらを吹き飛ばしまくっています。

先週ようやっと、今年のわかめの収穫が終了しました〜☆ 今年はちょっと長引きましたね、なんせ

大量で^^

ありがたや、ありがたや。定期的に雨も降ってくれたおかげで、海中の栄養も不足する事なく、最後まで色つや良し!のわかめを収穫する事ができました。お天道様と頑張ったナカマーたちに感謝感謝です。

それでは、わかめの収穫についてのレポートです、はじまりはじまり〜♪

出航前の小鳴門海峡 水の浦漁港 手前が高速、奥が小鳴門橋です

朝はまぁまぁ早くから出航します、この日は6時30分。まだまだ寒いんですよ〜。

木枠の中に刈り取ったわかめを入れるため、網を張ります

収穫前の船の中です。木枠の中に刈り取ったわかめをどんどん放り込みます。夢中で刈っていると、いつの間にか人間もどんどん埋まります。

浮きを収納して、ほい出航〜♪

本日は鳴門海峡側。大毛島周辺は西側の内の海以外は非常に潮流が早くて危ないので、干満の時刻を調べた上でイケてそうな場所と時間をチョイスしています。

本日の養殖現場まで。途中の白波にご注意!

自分とこの養殖場に着いたら、早速わかめの株が着いたロープを引き上げます。握力が、そう、この仕事は握力が大事。

船上のピンクの天使・黒ちゃんが力強くロープを引き上げるのです!

海中のロープをブイから外して、船内のロープに結びつけて、船上を横断する巻取機に設置したらならば収穫開始です。

本日のわかめちゃんが、いよいよご登場!

右手奥に大鳴門海橋がみえますでございましょう、右手は淡路島と沼島、左手が大毛島です。

ロープに生えたわかめの株です。ビロビロがめかぶちゃん。その先がわかめちゃん。

さあ! ここから収穫の始まりです。 とりあえず船いっぱい取尽すまでノンストップでございます。

重そう… ちなみに海中のわかめの色は茶褐色です。

今年のわかめでした〜☆ この後すぐに海水の熱湯にくぐらせて、冷却して、保存用に塩を混ぜて、保存用に水抜きをして、が一日のわかめのお仕事です。

今年のわかめも綺麗ですよ♪ 特に新物は香りも一級品! お見かけの際は是非お試し下さいませ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です