素材について

私たちは”地元のおいしいは きっとみんなにおいしい”をモットーにしています。
地元・大毛島が育んできたおいしい作物はもちろん、全国各地から少しずつ見て、味わって、惚れ込んだ特産品も、たくさんの人に味わってもらいたいという想いで発信しています。

○さつまいも(鳴門金時)

播磨灘・紀伊水道の両方から供給される砂が蓄積されているため、大毛島の畑のほとんどが砂地。
砂地のため排水が良く、水気の少ないホクホクとした食感のさつまいもができます。
また海水に含まれるミネラル分と、長い日照時間により『金時』の由来ともなった鮮やかな皮色と上品な甘みをもつ芋になります。

さつまいもができるまで

大毛島でのさつまいも作りは、4~5月の苗植えから始まります。徳島県でも最も降水量が少なく日照時間の短いこの島では、鳴門海峡から運ばれてきたミネラルたっぷりの白砂の中、太陽の光をふんだんに浴びたおいしい鳴門金時がすくすくと育ちます。そして9~11月、外側は鮮やかな紅色、中は黄色くホクホクとした食感が特徴の『鳴門金時』が収穫されます。

さつまいものペースト

おいしい『鳴門金時』ですが、生芋のままだとそこまで日持ちはしません。そこで、一年中おいしさを保ったまま味わえるようにと、さつまいもをペースト状にして冷凍保存しています。
収穫したさつまいもの皮を、ひとつひとつ手作業できれいに剥き、主に蒸してからミンチにして急速冷凍。秋のシーズンは芋掘りにペースト作りにと、フル回転しています。

地元のおいしいは、きっとみんなのおいしい

鳴門わかめ

なるとは多くの川が流れ込む瀬戸内海(播磨灘)の海水と、吉野川の河川水を多く含んだ太平洋(紀伊水道)の海水が交互に混ざり合う事により栄養の多い海域となっています。
早い潮流のため、わかめの表面にゴミなどが付着しにくく、しなやかでしゃっきりとした食感のおいしいわかめが育ちます。
近年では養殖わかめの主産地の一つにもなっています。

わかめはなぜおいしいのか

古くは平城京跡の木簡にも阿波の国(徳島県)の特産物として朝廷へと運ばれていた『鳴門産わかめ』。
海は広いし大きいのに、どうして大毛島周辺のわかめは美味しく育つのか。それは世界三大潮流にも数えられる激しい潮流と冬場の冷たい海水温が影響しています。わかめは低温でよく育ち、激しい潮流は海を耕してくれるので、海の栄養が行き渡り小さな虫やゴミもくっつきにくい。ということのようです。

わかめができるまで

わかめの養殖は一年を通じて行われます。
まずは5月、収穫を終えたわかめですが、胞子をたくさん蓄えている”めかぶ”と呼ばれる部分がいい感じに熟します。そこから胞子を採取し、大体11月頃まで陸上のプールで成長させます。
11月にはいよいよ海水デビュー。波にさらわれないよう必死にロープにしがみつき、ぐんぐんと成長します。収穫時期の2月3月には3メートルを超えるくらい大きくなります。

地元のおいしいは、きっとみんなのおいしい

各地の特選素材

わたしたちは、島の作物以外にも”地元のおいしい”を扱っています。
徳島の山間部で収穫される質の良いゆずやすだち、フルーツ王国・愛媛のかんきつ類、九州で栽培されている色鮮やかなむらさき芋、原料も国産のバターや生クリームにこだわります。
良いと思うものだけお届けしたい、それがわたしたちのポリシーです。

かんきつ

すだちに代表されるように、徳島県は酸味の強いかんきつ類の宝庫。かんきつ類を栽培する地区の方々との交流から生まれたのが、ぽん酢・ドレッシング類です。
2009年には、みかん王国・愛媛の宇和島市に子会社『愛工房』も誕生! 愛媛みかんの魅力についてはこちら(http://www.ikb.co.jp/

各地の食品

むらさきいも

さつまいもの一種でとてもきれいな紫色が特徴。鳴門金時に比べて甘さは控えめ、美容に有効な成分がたくさんあるそうです。スイートポテトに使用。

ニュージーランドの雄大な自然の中、のびのびと育った栗。スイートポテトには渋皮付きのまま甘露煮した栗を贅沢に使用しています。

鳴門といえば塩づくり、鳴門のきれいな海水を、平炒りという方法で手間暇かけて作った『鳴門塩田物語』をスイートポテトに使用しています。

バター・生クリーム

スイートポテトに使用しているバターと生クリームは、国産の生乳由来にこだわります。『おいしいから』です。